Jリーグの試合は動画を撮影しても大丈夫!?撮影の時のコツも紹介!

どうもエディです。

 

お子さんがサッカーをしている方も多いと思いますが、一緒にJリーグの試合を観に行ったりしますか?

子どもと一緒に好きなチームの応援に行くのは楽しいですよね。

そんなJリーグですが、実は試合って撮影しても大丈夫って知ってました?

最近そのことを知ったので、今回はそのお話をします。

 

Jリーグの動画は撮影しても大丈夫??

Jリーグのホームページに、「観戦マナー&ルール」という項目があり、その中の試合運営規定管理の中に、Jリーグが主管する試合運営管理規程についての第5条(禁止行為)に撮影に関して載っています。

 

 

第5条(禁止行為)

施設に入場しようとし、または入場した者は、運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、いかなる施設においても次の各号に掲げる行為をしてはならない。

・Jリーグ統一禁止事項(Jリーグ共通観戦マナー&ルール)により禁止されている行為。

・施設管理者により禁止されている行為。

・正当なチケット又は通行証を所持せず入場すること。

・抗議集会、デモ等大会の円滑な運営を阻害するおそれのある行為をすること。

・アルコール、薬物その他物質の影響により酩酊した状態で施設に入場する行為、または施設においてこれらの影響により酩酊し、試合運営または他人の行為等を阻害する行為。(酩酊とは:アルコール等の影響により、正常な行為ができないおそれのある状態。)

・当該施設および関連する場所で、勧誘、演説、集会、布教等観戦する以外の行為をすること。

・所定の場所以外に車両または自転車を乗り入れ、若しくは所定の場所以外において駐車または駐輪すること。

・商行為、寄付金の募集、広告物の掲示等の行為をすること。

・所定の場所以外にゴミその他汚物を廃棄すること。

・営利目的で競技、式典、観客等の写真撮影またはビデオ撮影をすること。

・大会の音声、映像の全部または一部をインターネットその他メディアを通じて配信すること。

・試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼし、若しくはそれらおそれがあると警備従事員が認める行為をすること。

・人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること。

・上記各号のほか、公序良俗に反する発言または行為をすること。

※Jリーグが主管する試合運営管理規程についての第5条(禁止行為)より引用

 

 

それによると、『営利目的で競技、式典、観客等の写真撮影またはビデオ撮影をすること。

とあります。

営利目的で動画や写真を撮ってはいけないという事ですね。

逆に言うと、営利目的でなければ動画を撮ってもいいという様に解釈できます。

例えば、家で子どもと試合の動画を見返して楽しむ等。

これなら大丈夫ですね!!

 

そういえば、YouTubeにJリーグの試合の一部がアップされてましたが、あれはOKなんでしょうか?

中にはアドセンスをしている人もいると思いますが、どうなんでしょう?

 

実際に試合を撮影

という事で、試合を撮影してみることにしました。

撮影した試合は、セレッソ大阪vsビッセル神戸です!

そう!あのアンドレス・イニエスタが加入しているチームですよ!

元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキや、今期から加入の元バルサのFWダビド・ビジャもいます!

山口蛍もビッセルに行っちゃいましたしo(`ω´ )o

これは撮影するしかないでしょ!!

 

 

何とかチケットをゲットすることができました。

 

ちなみに指定席を確保できたのですが、数分で売り切れたみたいです。

結局この試合は、自由席も全て完売でしたよ。

 

撮影して気付いた事

直に観に行っているのに、ビデオカメラのモニター越しに観るのがストレスですね。

モニター越しでないとキレイに撮れないです。。

 

やっぱりモニター越しじゃなくて、そのまま観たいので観てしまいます。そうすると見返した時に、見切れてる!って事が何回もありました。

やっぱり撮影後に見返すので、ちゃんと撮っておいた方がいいですね。

 

撮影のコツ

その後も何度かJリーグの試合を撮影したんですが、撮り方のコツが分かったのでお伝えします。

 

  1. あまりズームにしないで、ボールを中心に周りが見えるように撮影する。
  2. ちゃんとモニターに収まるように撮影する。(見切れないように!)
  3. あまり近い席よりも、遠目の席の方がピッチ全体を見渡しやすい。
  4. 撮影用のカメラは手ブレ補正のしっかりしたカメラがおすすめ。

 

  • コツその1

初めての撮影では選手をアップ気味で撮ってしまっていたので全体がよく分かりませんでした。

見返した時にボールを持っている選手以外の選手の動きなどが分からなくなるので、全体的に映るように撮影しましょう!

お手本はテレビの中継のような感じです。

 

  • コツその2

そのまんまなんですけど、カメラ越しに見ながら撮っているつもりが、モニター関係なくそのまま観ている事がよくあるので気を付けましょう。

後で見返してみると、全然撮れてなくて「あ〜あ。。」てなりますよ。

 

  • コツその3

少し遠い席の方が、ピッチ全体を見渡せるので撮影しやすいです。

観るのは近い席の方がいいんですけどね。

 

  • コツその4

これはカメラの性能によりますが、撮影した映像を観ると一目瞭然です。

ちょうど試合の1週間前に昔から使っていたビデオカメラが故障したので、ソニーの手ブレ補正がすごくカメラを購入したんですが、このカメラはすごく良かったですよ!

 

ちなみに買ったカメラはこれです。

ソニーHDR-CX680

 

このカメラはすごいです!

何がすごいって、手ぶれ補正がすごい!

すごく滑らかに補正してくれますよ。

今までのカメラと全然違いますね。

店員さん曰く、パナソニックの手ブレ補正もいいですが、ソニーがずば抜けてるそうですよ。

 

 

 

最後に

今回はJリーグの試合の撮影についてでしたが、個人で楽しむ分には撮影しても大丈夫でした。

実際に何度も撮影してますが、注意されたことはありません。

あっ、もちろんSNSなどにもアップしてませんよ。

個人で楽しんでいます。

また、楽しそうなカードがあれば試合を撮影しようと思います。

 

 

では また!