スターウォーズのライトセーバー風のライティングソードを子どもへプレゼント!ハンパないクオリティ・値段のライトセーバーも!?

どうもエディです。

 

少し前から、子どもがスターウォーズに興味を持ち出して、映画などを見始めました。

そこでライトセーバーが気に入ったみたいなので、ライトセーバーのおもちゃがあるか調べてみました。

 

ライトセーバー

世界中にスターウォーズの熱狂的なファンがいるので、ライトセーバーのおもちゃも沢山ありましたが、音も光も出ない2,000円くらいのものから、本格的な作りで数万円のものまであるみたいです。

本格的なものでは 安いものでも20,000円代。。

高いものだとカスタムライトセーバーという商品が80,000円します。

 

超本格的なライトセーバー

アメリカのカリフォルニア州ローズビルには、マイケル・マーフィーさんの作るライトセーバーのクオリティが凄すぎて値段が15,000ドル以上(約160万円以上)するそうです!

びっくりでしょ!

原作ではライトセーバーはエネルギー源としてクリスタルを用いられているんですが、マーフィーさんが作るライトセーバーにもクリスタルが使われています。

そのあまりのクオリティのため、マーフィーさんは『ヨーダ』と呼ばれているそうです。

もちろん子どもに、この様なライトセーバーがあることを伝えると欲しがるので、これはさすがに無しです!

自分が欲しいくらいです(笑)

2万円代のライトセーバーでも、ちょっと無理ですね。

 

プレゼントに適したお手頃価格のライトセーバー

ということで、もっとお手頃な価格で、光ったりするライトセーバーを探してみました!

ありましたよー。

お手頃価格で、光も出るし、音も鳴るライトセーバーが!

 

これです!

ライティングソード!

 

残念ながら、ライトセーバーという名前では無かったのですが全然オッケーです。

名前が違うだけで、見た目もぼぼライトセーバーです!

しかも2本セットでお得ですよ。

電池は別売りですが2本セットなので、すぐに子どもと遊ぶことが出来ます。

 

ライティングソードを使ってみた感想

大満足です!

叩いても、そんなに痛くない柔らかいプラスチックで出来ているので、少しくらい当たっても大丈夫です。

強く叩くとそれなりに痛いので注意して下さい。

このライティングソード、スイッチを入れるとダース・ベイダー風に赤く光ります。

スイッチを入れている間は、ライトセーバー独特の『ブォ〜ン』という音が鳴ります。

そしてライティングソードに衝撃を与えると…

『ギュン』という音と共にライティングソードの色が変わります!

 

オビ=ワン・ケノービのライトセーバーの様な青

 

もう1度衝撃を与えると…

今度はメイス・ウィンドゥのライトセーバーの様な紫に変わります!

 

すごくないですか!?

お手頃価格なのに音も鳴るし、ソードが光って色も変わります!

そして2本セットです!

さらに!

何と!このライティングソード合体させる事ができるんです!

ダース・モールのようなライトセーバーにもなります!

 

しかも同じ色にも出来ますし、別々の色にする事もできますよ。

 

部屋の電気を消して遊んでみました!

 

もう気分はジェダイナイトです!

子どもは大喜びでした!

子どものピアノの発表会のご褒美に買ったんですが、奥さんに怒られたのは内緒の話です(笑)

 

ちなみに、ライティングソード1本につき、単4形乾電池が3本必要になります。

電池はすぐには無くならないですが、ある程度ストックがあった方がいいですよ。

子どもは思い出したかのように、急におもちゃで遊び出すので、その時に電池が無いと困ってしまいますからね。。

電池もネットで安く買えましたよ。

どちらも送料無料でした。

ネットショッピングって便利になりましたねー(^-^)

スターウォーズ好きのお子様をお持ちの方は、1度試してみて下さい。

本当におすすめです。

 

 

 

単4電池

 

では また!